【抜けるエロマンガ】人をダメにするちょいブスを無料のネタバレ!※エロ画像入り!

人をダメにするちょいブスの「無料ネタバレ」

ぶす.に媚薬を飲ませると

「なんで…からだ、熱、い…んぁ」

「お、願い…も、だめ…っああ!」

一晩中焦らされ、懇願させられながら、どろどろになるまで抱かれました。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画のネタバレとあらすじ

これは、古本屋でのエッチな体験談です。

 

私は、古本屋によく行きます。古本が好きなんです。

 

そして、この古本屋には、めちゃくちゃエロい声の店員さんがいます。

 

「いらっしゃいませ~」

 

声のいい人は、たくさんいると思います。

 

爽やかな声、はっきり聞こえる声、かつぜつのいい声、いろいろあると思います。

 

その店員さんは、女性がイク時の声のように、「いらっしゃいませ~」と言うのです。

もうたまりません。

これだけでも、この本屋に来る価値があります。

 

本当に声だけでビンビンになります。

 

 

毎回声を聞くだけで、「いいな~」とうっとりしてしまいます。

 

正直言って、その子は、顔は大した事ありません。

 

体も大した事ありません。でも、声がエロ過ぎるのです。

 

 

もし仮に、付き合ってくださいと言われたら、「はい」と言います。というか付き合いたいです。

それくらい、声がいいんです。

 

ある日、その子が、本を一杯抱えて仕事をしていました。

 

その時です。「ドカドカドカ」

 

私の目の前で、抱えていた本をいっぱい下に落としてしまったのです。私は、それを拾ってあげました。

 

 

すると、その女の子は、「ありがとうございます」と言ってにっこり笑いました。

 

たったこれだけの話ですが、私は、ちんこがビンビンになって、しまいました。

 

声って凄いなと思いました。

 

エッチな体験談を、これで終わります。

 

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓