【エロ漫画】人をダメにするちょいブス・ネタバレと感想をまとめました。

【エロ漫画のため観覧に注意してください】

人をダメにするちょいブス・ネタバレと感想

 

 

手枷をつけられた!!洋子!!の細い脚を、男たちは強引に開かせる。

 

「ひっ、……あ、やめ……っ」

 

 

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

 

飲み会や合コンは多くの方が自分らしい楽しみを多くの方と探していく中でも大変重要な方法となるのです。普段から自分らしい方法で素敵な飲み会を行っていく中で素晴らしい方法で自分らしい生活を楽しんでいく事は大変重要な事となるのです。

 

飲み会や合コンを使っていく事で大変素敵な自分らしい人生を自分らしく楽しんでいくい事ができます。

 

普段から自分の好きな相手やまた利害関係者との間で上手く飲み会を楽しんでいけるかどうかを考える事でより素敵な普段からの自分らしい生活を自分で楽しんでいく事ができます。

 

飲み会は普段からじぶんおネットワークや人脈を作っていく上でも大変重要な方法となります。

 

素敵な普段からの人脈形成を楽しんでいく中でこのような素晴らしい方法で素敵な時間を送っていくことが重要な方法となるのです。

 

素晴らしい普段からの素敵な時間を楽しんでいく中でいかにして飲み会や普段のコミュニケーションの中で楽しんで素晴らしい方法で自分らしい素敵な每日を送っていけるかどうかを考える事は大変素敵な人生を考える上でも重要な方法となるのです。

そのような中で普段から自分らしい時間の中で素敵な方法で素敵な人生を送っていく事を考える事ができる人間として素敵な人生を送っていく上でも重要な方法となるのです。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

何人もの男に嬲られて、気を失うまで啼き続ける。

 

奥で放たれた精によって、腹が不自然に膨らんだ。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

 

これは、エッチな体験談というかエロそのものの話です。

 

 

私は、ある日、ピンサロに行きました。ピンサロって知ってますか。

 

 

暗い部屋で、あそこを可愛い女の子になめてもらうんです。

 

 

そして、口の中で発射することができます。

 

 

まず、1人目が来て口でくわえてもらって発射、その子が去っいって、次の子(2人目)が来て、またくわえてもらって発射という感じで、大体2回が基本です。

 

 

その部屋は暗いです。そして、前の席でも、後ろの席でも、すぐ横の席でも、男の人がなめてもらっています。バスの座席を想像してもらえばいいと思います。

 

 

あれのちょっと前後の席が広い感じです。

 

たぶん他のお店もそんな感じだと思います。

 

 

説明はこれくらいにして、とにかく私は、ピンサロへ行ったのです。お店に入ると、暗い中、椅子に座りました。

 

 

女の子がやってきました。

 

 

めちゃくちゃ可愛い。

 

いや、可愛いなんてもんじゃない。アイドル、女優なんて比べ物にならないくらい可愛い。

 

 

どこのピンサロもこんな感じなの?天国なんですけど。

 

 

そして、次の子が来ました。

 

この子も、めちゃくちゃ可愛い。

 

 

私は、満足してお店を出ました。

 

あまりに可愛かったので、別の日にもう一回行きました。

 

 

やっぱり可愛い。

 

 

あまりに可愛いので、私は、その子の乳首を、優しくかんでしまいました。

 

 

「痛い」女の子は、小さな声をあげました。

 

 

すると、1人目だけで2人目は来ませんでした。

 

私は、余計なことをしてしまったのです。エロい失敗談でした。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のあらすじ

当時私が高校生の時に付き合っていた彼と性行為をする場所は常に彼の部屋でした。

 

 

ですが隣の部屋には彼の小学四年生ぐらいの弟がいました。

 

 

彼の部屋は二階でしたが一階の部屋には親がいるので声をひそめていつも性行為をしていました。

 

 

 

ですが彼が私に興奮を求め彼がより奥まで挿入するとつい声が出てしまい彼に口を手でふさがれた事も何度かありました。

 

 

なかなかスリルのある性行為にドキドキしながらの日常でした。

 

 

私はいつも通りの性行為に満たされていましたが彼はマンネリ化した性行為にもうちょっと刺激が欲しかったようで彼なりにAVのDVDなどで勉強してその成果を私に試す日がありました。

 

 

私は遠慮しまくりでしたが「もっとお前が興奮したり俺をもっと求める姿が見たい」と言われてしまい、どうしょうかな。

 

 

と考えてるうちに気づけば彼は脱ぎ始めていて、私にキスを迫りその後「今日はいつもと順番を変えて最初に攻めて」と言われ彼がすでに興奮状態の性器を私の口の中に入れて彼が自ら腰を振り私は彼の要求に答えました。

 

 

それからは私が彼に攻められいつもされない耳などを舐められました。

 

 

彼は私の胸をいても以上に長く揉んだり舐めたりして私は何度も声を出してしまいました。

 

挿入されてからもいつも以上に感じてしまい声を出すのをこらえるのが大変なほど

 

 

私もいつもより求めてしまいました。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画の感想

これは、私がゲームセンターで見たエッチな光景です。

 

 

私は、ある日ゲームセンターにいました。

 

かなり大きいゲームセンターで、人がいっぱいいました。

 

 

するとそこで、いっしょにゲームをやっている男女がいました。

 

 

二人は付き合っているようです。

 

 

そのうち男の子が、なにやら女の子にモゾモゾやっているのが、見えました。

 

 

よく見ると、めっちゃ女の子の胸を揉んでいるのです。

 

 

周りに人がいっぱいいるのに。

 

 

女の子は、めっちゃ楽しそうです。

 

 

男の子は、鬼のように女の子の胸を揉んでいます。私は、羨ましいやらムカつくやらで、不思議な気持ちになりました。

 

でも男の子は、ずっと女の子の胸を揉んでいます。

 

 

 

なんなんですか、この状況。せめて誰も見てないところでやってくださいよ。

 

 

もしくは自分の部屋でやって下さいよ。

 

 

なんでこんなところでやるんですか。

 

 

私は、気づかないフリをしてゲームをやっていたのですが、あまりにもひどいので他の場所に移ることにしました。これで見なくてもいい。

 

 

 

私は、ほっとしました。でも、しばらくするとまたその二人が、なぜか私のほうにやって来ました。もういいい加減にしろ、このリア充が!と思いました。

 

 

すると、男の子が女の子の服をまくりあげようとしました。

 

 

もう我慢できないので、私はそのゲームセンターを、出ることにしました。

 

 

なんかムカつく、エッチな体験談でした。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓